ネタねえな。
せっかくペルソナコラボなので女神転生シリーズの話でもする回。
やった事ある作品についてダラダラっと書きまする。


〇真・女神転生 デビルサマナー
smile

メガテンのシリーズは最初にやったのがコレ。
今は亡き3Dダンジョン型のRPG(若い人には説明が難しいかも!)ですね。
とにかくね、マップが凶悪。
オートマッピングがあるのでマス目のマップが自動作成作製されて、自分で30個くらいマーカーが置けるんですけど、
1ダンジョンの落とし穴に1個1個落ちてマスを埋めて確認していったらマーカーが足りなくなる
とかそんなレベル。
あとドアが一方通行とかワープゾーンらだけとか、ダンジョンがありとあらゆる意地悪で埋め尽くされていましたね。

そんでマグネタイトをバカみたいに食う仲魔の皆さんはこれまた忠誠度が全っ全上がらなくて、
「アア~ダルゥ~」とか言ってほとんど仕事しない。
一部友好的な性格の悪魔は多少上がりやすかったりしますが、言う事聞くようになる頃には性能がゲーム進行に追いつかなくなってるっていうね…

終盤の強力な武器は悪魔との特殊合体でないと入手できず、それが攻略本を見ないと絶対にわからないようなしんどい手順でした。
攻略情報見ないと店売りのゴミみたいな武器でラスボスと戦う事になってました。
このゲーム全般敵の回避率が妙に高いのですが、ラスボスがこれまたよけまくるのなんのって。

あと敵が頻繁に即死魔法(ムド)を使うのでけっこう死にました。

なんてひどいゲームだ!
体力のない今だとできない内容ですね。
310JkAOD6ZL
こっそりドラマ化もされてた。
黒歴史?


〇女神異聞録 ペルソナ
hqdefault

記念すべきペルソナシリーズ第1作目。
これもまだ3Dダンジョンタイプですね。
これはもうね、上に書いたデビルサマナー以上にひどい。本当にひどい。マジで苦行。
どの辺が、っていうといっぱいありすぎなんですが

敵の出現率が異常に高い
戦闘が長い
ダンジョンが長い
(一応途中でセーブポイントありますが、そこから奥までが長い)

ってもう書いてるだけでヤンナルネ。
セーブポイントから10マスくらい行って戻ってくるのに1時間とか。
ダンジョン途中のセーブポイントから最奥まで4時間5時間とかそんなんでしたね。
デヴァ・ユガとか。今でも忘れないぞ!たぶん一生忘れない。
PSの電源を切らずに放置したまま学校や会社に行った人も多いのでは。

戦闘が長いっていうのも、とにかくロードが多いせいです。
1回攻撃するのに
ロード→「ペルソナアッー!(ペルソナ召喚発言)」→ロード→ペルソナ出現→ロード→シュババアァー(魔法とか使う)
何秒かかってんねん
この頻繁なローデイング回数がPSのドライブを酷使するため、
ゲームクリアの前にPS本体が死亡する
という過酷なゲームでした。
読み込みエラーで止まっちゃったりとかね。
でもPS本体を逆さにするとなんとか動いたりして、みんなやってたなー。やってたよね?
未だにどういう原理だったのかよくわからない。

敵も普通に強かったですね。
サキュバスにバックアタックされて全員マリンカリンで魅了されてそのまま全滅とか。

キャラ育成もしんどい。
戦闘の経験値が分配制。
単体攻撃しかないキャラ(ペルソナ)は経験値がすごく少ないので、どんどん他のキャラとレベル差がついてしまう。
仕方ないのでそいつだけ攻撃して他全員ガードとか、経験値バランス取り作業がダルくてこりゃクソゲーのシステムによくある光景ですよね
テトラジャ(全員石化無効)とか役に立たない魔法がやたらいっぱい経験値もらえたりとか萎えまくり。

ストーリーはいくつか分岐があるマルチシナリオでしたが、
ところどころの問いかけに対し、ふざけた選択肢を1回でも選ぶとバッドエンド確定。


とにかく精神的にキツかった思い出です。
よくこれがヒットしてシリーズが続いたもんだ。


〇真・女神転生 デビルサマナー ソウルハッカーズ
images

前作の上記エグい内容がソフトになり良作に。
タルカジャがアホみたいに重ね掛けできるので、ボス戦はタルカジャして殴るゲーム。
難易度が上がるかわりに召喚悪魔LV制限のない2周目が楽しい。


〇ペルソナ2罪・ペルソナ2罰
persona2t4_100505

前作が凶悪すぎたためかこれも遊びやすくなりました。
罪・罰各1作分のボリュームがあるので続けてやるとけっこう大変かも。


〇真・女神転生Ⅲ NOCTURNE
hqdefault

今作は自分が悪魔になっちゃう。
後の作品でも採用されるプレスターンバトルが採用され、ザコ戦といえど死亡する可能性があるハードな内容。
物理反射の敵にうっかりオートバトル→死亡 は誰もがやったはず。
敵もけっこう本気出しすぎでしたねー
龍の眼光(攻撃回数増加)→タルカジャ×4→デスバウンド(クリティカル)→死亡
とか問答無用の1ターンキルされまくるので逆に楽しくなってくる難易度。
本当にずっと敵のターンが続くモト劇場とか言われる。
各スキルは1度捨てると2度と覚えられず、中盤魔法が強くて終盤物理が強いとか、その辺りの攻略情報必須でした。


〇デジタル・デビルサーガ アバタールチューナー1・2
maxresdefault

またもや自分が悪魔になっちゃうシリーズ。
敵を食ってスキルポイントを稼ぐんですけど、食うとすぐバッドステータス"腹痛"になっちゃう。
そんなしょっちゅう腹壊して悪魔名乗ってんじゃねーよ、くらいの頻度でとにかく腹痛と戦うゲーム。
2の方ですけど、これのひどいのは、仲間がストーリー上どんどん死んでいって能力引継ぎもないので、最初からストーリー上死なない仲間を知っておかないといけない
最後の方はものすごい怒涛の展開。
全員死亡するけどHAARPで情報(霊体?)を暴走した太陽に送ってヒロインと合体してブラフマーを殴って鎮圧する、とかそんな話。


〇ペルソナ3
51Gu99EYtML

キャラデザイナーが金子氏から副島氏になり、フォントやグラフィックデザイン、BGMにも力を入れ、イメージを大転換した作品。
バトル・キャラ育成に加え学園ライフ(ギャルゲー?)も重要な要素でした。
個人的には悪魔との交渉がなく、ザコが無個性なシャドウなのがちょっと残念。
ラスボスのニュクス・アバターがえらく長期戦で、最後の方でバッドステータス魅了を食らうと敵を回復して負けが確定するのでキツかった記憶。
何回やってもアイギスが魅了されてディアラハン使うんだもん。うがー。

そんでアイギス固定ENDなのもイマイチ納得がいかない。
マルチENDにしろとは言わないけどさ。


俺がやってたのはここまでかなー。
ペルソナは4、5と出たし、他にも真4なんかもあるんですけど時間なかったりとかハード持ってなかったりとかでプレイせず。

これだけシリーズが続いて人気が廃れないのはすごいですね。
PSOシリーズも頑張ってほしいですね。

おわり。