あんまり伏せた内容にしてもまともに書けないので封印してたのですが、そろそろいいかな!
まだの人は
smile

読まないでくださいっ


ついに終わりましたねー。
いやぁー長かった。

最終的にハッピーエンド的な終わり方だったので、ベタな展開ですがこれは褒めたい。

6176e64b

オルフェンズがアレでしたから…
こっちはいっぱい死人が出ましたが、結果的には未来に希望が持てる終わり方だったのが救い。


PSO2はみんな学校に集まって毎日ドタバタ的なエピローグでほっこりしました。

ベトール

ベトールさんには語られませんでしたが、こうなっているようです。(俺の脳内で)

EP4は主人公を地球人のヒツギに据えて、ヒツギの成長物語…
という位置づけなのだと思いますが、途中でやたらうじうじしている事が多く、あまり感情移入できなかったのが残念。
「あたしはアルを守るんだ!」→「あたしのやりたい事ってナニ?」とか言い出したり。
何だよソレ。
みんなを救いたいという思いからかエーテルを断絶する能力に特化し、戦闘力が描かれる場面がなかったのも主人公としてはちょっと弱いかなあ。
エピローグではみんなヒツギのもとに集まってきたり、いろいろしてくれるようになったので絆を作ることができたのでしょう。

EP4序盤はヒツギ・コオリ・アルによるわちゃわちゃラノベ的展開でしたので、「これは後々のダークな内容と対比するために平凡な日常を長々と描いているんだ…」と思って耐えていましたが、けっこう辛かった。
終盤は群像劇になっており、(ヒツギ以外は)キャラが立っていたこともあり、死んだと思われていたマザクラのメンバーも登場し盛り上がったと思います。
敵対していた人物が味方になったり生き返ったり、少年マンガ的王道の展開ですね!

ラスボスは宇宙の創造神さんが出てきたので、そこまで風呂敷広げるのか!と思いましたわ。
最初は地球人の小競り合いにアークスがほっとく訳にもいかないので巻き込まれ…という流れでしたが、うまく繋げていたのでは。
EP3で深遠なる闇が登場したので、EP4はさすがに話の規模的にはスケールダウンするかなー、とは思っていましたがなかなか良かったんじゃないですか。

残念だったのは今更ではないのですが、やっぱり見せ方が下手。
ストーリー展開は良いのですが、ほぼ全てがカメラに映っているところでしか話が進んでいない。
地球の危機的な状況でも、動いているのがごく数名という、設定的には違うのかもしれませんが、プレイヤーにはそうとしか見えない。
EP3までだったら架空の世界だし安藤以外が出ても死ぬだけだからそんなもんかなー、くらいで済みますが、身近な地球を舞台にしてしまうと、ちょっと目立つかな。

マザークラスタとアースガイドが敵対している、というのは説明されましたし激しい戦闘になっている、というセリフもありましたが、やっぱり両陣営の構成員の規模もよくわからないし、キレイな東京とかラスベガスで白昼堂々と銃撃戦やってるのも想像しがたい。

あとはマザーの目的と、マザークラスタのみなさん(というか最初の2人)の行動原理がチグハグだった、単に悪の組織という印象付けにしかなってなかったのも、もう少しうまく見せられなかったのか。


いろいろツッコミ所は多いですが、序盤の不安要素を払拭してちゃんと終盤は盛り上がり、面白かったと思います。
ハッピーエンドで良かった良かった。(ベトール以外は)

そういや最後までシャオやウルク、テオドールと言ったアークストップは姿を見せませんでしたねー。
EP5はどうなるのでしょうか。楽しみです。

おしまい。

サポリン投票奨励中
デウス・エスカと番外編も期待大です!

記事投票用