(株)黒山羊フォトン工業

ファンタシースターオンラン2の駄ブログです。

キャラグミン フォニュエール

昨日より今日、今日より明日。
時代をリードする黒山羊製品があなたのアークスライフをサポートします。

キャラグミン ハニュエールを作る(完成編)

工程とかすっ飛ばして第二回にして完成!
ええねん。どうせ見る人少ないし。

IMG_2552
前から~
コス色は全体的に赤系で統一。
前のフォニュエールが青ベースだったので、対照的に。
赤レザーっぽくしたかった。うまくいったかな?

IMG_2553
後ろから~

IMG_2530
全体写すと撮影ブース入らなかったわ…

IMG_2554
ワイルドなイメージのハニュエールを多少変えたかったので、ヘアカラーはピンクのグラデーション。
褐色肌も変更して美白にしてかわいい感じに。

IMG_2541
武器はHFBカマイタチ。
ゲーム中のスクショをInkscapeでトレースして印刷、プラ板に糊で貼りつけて切り出し。
鞘はハコ組みで作成。
本当は「HFB」のロゴがでかでかと貼ってあるんですが、ちょっとしんどいので省略。
コーションデカールは似たようなやつを貼りつけ。
各所のネジモールドは1mm銅線を打ち込んでそれっぽく。
ゲーム中は鞘を直に持ってるんですが、模型では掴める形状ではないのでハンドルを作成して持たせました。

IMG_2544
刀身はプラ板積層にて。
加工が難しいディテールは省略したり。
ちょっと悩んだのが大きさ。
ゲーム中のサイズだと大きすぎるんですよね。
ハニュさんの身長に合わせて作成。

IMG_2545
けつ。
スッカスカで風邪ひきそうです。

IMG_2546
オパーイ。
正面からは武器で隠れますが、はち切れんばかりに大きい。

IMG_2549
塗装指示はないのですが爪も塗るー。
こういう細部の塗装が完成度を高めるのだ!(たぶん)

IMG_2543
アーマー部は赤パール色の濃淡3色で迷彩、ツヤ消しをコーティングして仕上げ。
取説には迷彩パターンの形状が指示されていますが、めんどくさすぎるので適当な形状で。

前回ハニュエールに続き、鬼門となるのが各部のメッシュ塗装。
取説では何か所かの指示ですが、ゲーム中のネイバークォーツの各部はほとんどがメッシュのテクスチャだったので、さすがにしんどいので省略。
やってもほとんどわかんないしね…


キット自体はガレージキットにしてはパーツ数が多いですが、実際組み立ててみるとパーツの湯口が見えない部分にくるのがほとんどなので、切削作業は簡単に済みました。
ガンプラHGUC以下くらい。
気泡もあんまりなかったですね。

塗装は毎回使ってますがターナーのアクリルガッシュ、一部リキテックス。
レジンへの食いつきが良くないので、ガラスプライマーを混ぜて塗装したのですが、あんまり効果なかったかも?
マスキングテープを剥がす時に塗膜がベリベリ持っていかれました。
短時間で作業したので、乾燥&硬化の時間が足りなかったかも。

今回苦労したのは、肌色の塗装。ていうかファレホ。
肌色の調合は苦手なので、初めてファレホカラー(ライトフレッシュ)を使ったのですが、希釈が難しい。
粘度が高いせいか、エアブラシで吹ける濃度にすると薄すぎて全然色が乗らない。
いろいろ試行錯誤しましたが、ガラスプライマーと混ぜてみるといい感じの粘度になり、吹きやすくなりました。
でもかかなりダマを吹きやすいです。
おかげで3回くらいシンナーにドブ漬けして塗装し直しました。

あと上記ライトフレッシュ、ボトルに入ってる状態だと普通の肌色ですが、実際吹いてみるとかなり色白で思った色にならなかったです。
一般の完成品フィギュアとかに比べるとちょっと顔色悪いですね。
アクリルガッシュだと逆に調合の状態で白っぽくて、吹くと濃くなるので自分で作るのも難しいという。

つや消しのコーティングはリキテックスのパーマネントマットバーニッシュを使用しましたが、あんまりつや消しにならなかったりツヤがムラになったりしたので、捨てて新しいボトルのにしたらうまくいきました。
古いと変質するのかも。
よ~~~くボトルを振って混ぜる必要があったりとか、ちょっと扱いが難しいかも。

放置期間長かったですが、まあ~何とか完成しました。
さすがに3日間で全塗装したらおじさん疲れたよ。ぷひー。
でもハニュエールのマスキングに比べたら楽だったかな。
あれはけっこう精神的に参った。

次はコトブキヤのAIS!いつ発売かなあ。
2機セットとの事ですので、どうやって遊ぶか考えるとワクワクしますね!
ジオラマ風に戦艦大和と並べたりとか。
エクソーダに改造して拠点にブラスター撃ってもいいな。

妄想しつつおしまい。

キャラグミン ハニュエールを作る その1

発売から半年以上経ちますが、ちびちび作ってます。
volks_HUnewearl_20160418_01

完成したらこんな!感じ!になるようです。

現在はパーツの気泡埋めたり洗浄したりとか。
メーカーお仕着せのカラーレシピなど無視するので、カラーリングどうしようかなーなどと考え中。
色決めたらさっさと塗装するぜい。

あと武器はやっぱりなんか作りたいねって事でHFBカマイタチにしました。
IMG_2520

プラ板ハコ組みと積層で作った。
ゲーム中1回も使った事ないけどな!
かっこええやん。高周波ブレードって。

AIS発売までに終わらせなければ…!

そんだけ。
おしまい。

キャラグミン ハニュエール発売予定!

フォニュエールの手を逃れた黒山羊を待っていたのは、また地獄だった。

いつの間にか発売が近付いているハニュ姉さんです。
ボークスのキャラグミンの紹介ページにも掲載されました。
117pic01
全高23cmって書いてあるからフォニュエールよりちょっと大きい。
フォニュ買った人は並べて置けますね。
フォニュエール同様、ジェネちゃん以前のesの起動画面に使用されていたイラストから立体化ですね。
screenshot_2014-10-08-21-11-00
チップにもなってるからこれでいいか。
たぶんケツがすごくエロいはず。
117pic04
(※けつ追加)

当然フォニュエールに続きお布施する事になる訳ですが…
パーツ数132点、¥17500とのこと。(吐血)
またいっぱい模型が作れるよ!やったね!
5/5でイベント先行販売ですが、黒山羊は一般で店舗で買います。
いつだろな。書いてねえぞチクショウ。

パーツ数で言うとフォニュと同じくらい、前回の経験から、ボリューム的にはガンプラHGUCくらいの作業工数でしょうかね。
どれだけしんどいかは、マスキング地獄の程度によるでしょう。
前は武器作って自爆したけど今回どうしよかねえ。
たのしみだなーぐははー!

キャラグミン フォニュエールを作る・その17 完成&撮影

4月に入ってしまいましたが、何とか完成しましたよー。
その16の記事書いた時点で完成してたんですけど。
020
バストアップ。

030
全身前。
全身組立後、バランスを見て踏み台を削ったりして角度を調整。
キットのままだと右側に傾きすぎになります。

028
全身後。

013
ベースはムクのアルミ板、荒い紙ヤスリを一方向にかけてヘアライン加工風に。
アークスロゴのプラ板を貼りつけ。

017
ソウルイーターはプラ板とかパテでスクラッチです。
フォトン刃はクリアーにしたかったんですが、アクリルガッシュにクリアカラーがないので、普通の顔料カラーをうすーく吹き付けて半透明くらい。
刃の色がゲーム中とだいぶ違いますが、勘弁してくだしあ。

018
各所ライン状の塗装はマスキングで。
マジでめんどくさくて死にそうでした。

023
メッシュ塗装はよーく見ないとわからないですね。
やらなくてよかったかも。

029
ポンポン(?)の接続は真鍮線で置き換え。
キットのままだと絶対に壊れます。

という事で終わりました。
約3カ月かかりましたが、ソウルイーターを作ったりしなければ&EP4がなければ、1カ月くらいで完成したかも。
気泡の処理も1箇所しかやらなかったし、バリもそんなに多くはなかったので、各所マスキングがエグい以外は作りやすいキットでした。
とにかく疲れたわという感想。
ちょっとだけ失敗したのが、目のデカールがちょっと上すぎたかなと。
前髪パーツを当てながら調整したらよかった。
あとソウルイーターの柄はもう少し長くてもよかったか…?
でもまあ時間と手間暇かけた分だけ満足のいく出来になりました。

今回感じたのは、やはり模型制作はモチベーションの維持が大事。
愛ですね。愛があれば完成します!
逆に言うと愛がないと模型作れないです。黒山羊の場合。


ついでに撮影の話。
完成したら嬉しくなって、人に見せたい!というのは当然の心理でしょう。
ブログやツイッターで掲載する事が多いでしょうが、ネット上の模型制作発表は
写真が7割
といったところでしょうか。
いくら上手に作っても、写真がダメだとアウト!
逆にガンプラ無塗装パチ組みでも、上手に写真を撮影してかっこよく表現する方も大勢おられます。

ポイントは主に2点。

①背景に余計なものを写さない
部屋のインテリアが写っているのは絶対NG。
紙や布で背景を作ると良いです。
これだけで全然違います。

②全体を明るくする
天井の照明だけでなく、デスクライト等を当てると良いです。
デジカメのフラッシュ撮影は光が強すぎ、陰影が強く出過ぎるので絶対だめです。

黒山羊は自作の撮影ブースでやってます。
撮影風景はこんなの。
001 (2)
材料はダンボールとかアルミホイル等。
何百円もかかっていません。
ライトは上と斜め前方の2つ。
正面のライトにより全体を明るく・上からのライトにより陰影を出して立体感を強調させます。
ライトは直接だと強すぎるので、紙を巻いてぼんやりさせます。

あとは背景に紙等を使用する場合、模型が溶け込まないように色を選びます。
白が多い模型→黒い紙
黒が多い模型→白い紙
白と黒が多い模型→青い紙、グレーの紙
などなど。

ちなみに今回撮影したのは、iphone5sのカメラ。
こだわる人はカメラにお金をかけるかもしれませんが、数十センチの距離で模型を撮影するには、最近のスマホでも問題いでしょう。

そんな感じで今回で完成&撮影まで行いましたので、本シリーズの記事は最終回となります。
閲覧して頂いた方のコメント、PVが励みになり、楽しく制作する事ができました。
皆様本当にありがとうございました。

今後は何かPSO2のキット出ないかなあ…
そろそろレイキャスト出してもいいんじゃないの?!コトブキヤさん!
ちっこいAIS出してくれたら、戦艦大和のプラモと組み合わせて遊べるかな…


※おまけ
完成するとパンツがほとんど見えない!という事で
003
お前らこれでガマンしろよ!

キャラグミン フォニュエールを作る・その16(デカール貼りとかコーティングとか)

前回はエアブラシ塗装はだいたい終わったので、今回は残った細部塗装とか、デカール貼りとか。
あとコーティングです。

残っていたゲンナリ塗装ポイント。
001
スカートの溝の奥まったところに金のラインを塗ります。
筆で一撃でキレイに塗るのは不可能、マスキングも難しいところ。
ここははみ出すくらいにベタっと金で筆塗りして、生乾きの状態で水で濡らした綿棒でふき取り、奥の金部分だけ残します。(水性塗料の場合。)
完全にふき取りきれなかったところは、周囲のブラックでリタッチ。
ラッカー系で塗装の場合は…どうすんだろ?ここだけ水性とかエナメルでやるのが良いんじゃないですかね。

002
ソウルイーターはだいたい筆で塗りました。

塗装が全部終わったら、次はデカール貼りつけ。
デカールを個別に切り取って水に浸し、10秒くらいでノリが溶けて台紙から動かせるようになるので、引き上げます。
周囲の気温でだいぶ時間は変わりあますね。
冬場だとぬるま湯でないとノリが溶けません。
004
台紙を貼りつけ箇所の横に置き、デカールをずらすように所定の位置に置きます。
ピンセットや爪楊枝などで位置を微調整し、余分な水分は綿棒やティッシュなどで吸います。

デカールはそのままだと伸縮性がなく、曲面のパーツに密着しないので、何とかする必要があります。
4973028513936
簡単なのはこういうマークソフターというものが模型店に売ってますので、これをデカールに塗布すればデカールが柔らかくなり、パーツに密着させる事ができます。
使用法はデカールを普通に貼ったあと、これを塗って放置するだけ。
005
こんな感じで密着。

マークソフターがない場合、デカール貼りつけ後に蒸しタオルを押しつけると、だいたい何とかなります。
それでもうまくいかない場合ですと、ドライヤーでデカールを温めながら綿棒で押して馴染ませます。

006
顔パーツにも目と眉毛を貼りつけ。
この画像だけ見ると問題なさそうですが、この時前髪のパーツを合わせながらやればよかった!
目をもうちょっと下げればよかった…作業後に後悔。


デカールを貼ったら、次はクリアコート。
これが最後の作業です。
模型制作の経験が少ない方は、焦って絶対に失敗しないようにして下さい。
ここで失敗するとリカバリーの工数が大きく、モチベーションが低下します。

模型に詳しい方には説明不要でしょうが、クリアコートは以下の役割があります。
〇デカールの保護
〇塗膜の保護
〇ツヤの調整
なのでそんなん必要ねー、って人はやらなくていいでしょう。

スプレー塗装の方は、以下のどちらかを使用かと思います。
991_1_4
クレオスの水性トップコート各種。
1050401
こちらもクレオス、スーパークリアー各種。
上記2種とも、つや消し、半光沢、光沢があります。
ツヤについては、どれを使うかはお好みで。
パーツの塗装で一部でも水性塗料を使用した場合→水性トップコート
全てラッカー系の塗料で塗装した場合→スーパークリアー
を使用します。
ちなみに水性塗料で塗装したパーツにスーパークリアーを吹き付けると、塗料中の顔料が浮き出して分離しマダラ模様みたいになり、塗装が全て台無しになります。

作業工程としては、ある程度ブロック単位で接着した後、クリアコートすれば作業が少なくて済みます。
全部バラバラの状態でスプレーしてもいっぱい消費するしね。

ホコリとかゴミがパーツに付着しているとクリアーで固着してしまうので、乾燥した筆で払ったり、濡らした綿棒で拭いたりします。

注意するのは、スーパークリアーは雨の日など、湿度の高い状態では絶対に作業しない事。
クリアー中に水分を含んだまま硬化して曇ったような状態になる「カブリ」という現象が発生します。
水性トップコートについては乾燥が遅いので、焦らないで十分待つこと。
光沢は乾燥が遅いです。
一見乾燥していても、接着作業で強く押さえると指紋が残ったりしますので注意。
水性トップコートの光沢なら1週間くらいか?
スーパークリアーなら1日で良いでしょう。

黒山羊は肌と髪はつや消し、他コスチュームは光沢にしました。
目と唇は光沢にするのがオススメ。
光沢のスプレーを塗料皿とかに少量出し、筆でちょいちょいと塗ると良いです。

あとは残った組立・接着で完成です。
接着剤が指に付かないように注意しながら作業すれば問題ないでしょう。
完成!って事で次回に続く。
livedoor プロフィール
ギャラリー
  • ほのぼの4コマシリーズ 防衛ダーカー編
  • ほのぼの4コマシリーズ 防衛ダーカー編
  • ほのぼの4コマシリーズ 防衛ダーカー編
  • 緊急クエスト中に尿意を催した場合の対処法
  • 緊急クエスト中に尿意を催した場合の対処法
  • 緊急クエスト中に尿意を催した場合の対処法
  • フォトンの暗黒面に堕ちる
  • フォトンの暗黒面に堕ちる
  • フォトンの暗黒面に堕ちる